【保存版】最強パワースポット・金運神社 5選 (西日本編)

おすすめスポット

(東日本編はこちら)

  パワースポットとは

霊的な力が満ちているとされる場所。

[補説]1990年代ごろからのオカルトや超自然主義の流行に伴って使われだした

 引用元:https://kotobank.jp/

スポンサーリンク

金神社(こがねじんじゃ)岐阜県岐阜市

お金が貯まる財布

金神社のパワースポット

創建は西暦135年の1900年の歴史のある神社です。祭神は金大神(こがねのおおかみ)を主祭神に、渟熨斗姫命(ぬのしひめのみこと)、市隼雄命(いちはやおのみこと)、五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)、日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)の4柱を祀ります。古くから金運、財運に利益があるとされています。

金色の大鳥居

ソース画像を表示
待ち受け画面にどうぞ

神社入口にそびえる金色の大鳥居は神社一の名物、岐阜の空に輝きを放つパワースポットとしても有名です。

おもかる石

本殿のすぐ脇には、座布団に鎮座したおもかる石があります。願い事をしながらこの石を持ち上げ、その時に感じる重さが予想していたよりも軽ければ願いが叶えられると云われています。

手水舎

手水舎で心身を清めましょう。よく見ると米国メジャーリーグの大谷翔平選手やプロテニスプレーヤーの錦織圭選手、将棋界を沸かせる藤井聡太棋士などが奉納した柄杓があります。有名選手が必勝祈願に訪れた事もあり、パワーを頂ける事間違いなしです。

金祥稲荷神社

本殿と並んで鎮座する金祥稲荷神社では、金運アップや商売繁盛の御利益が授けられます。金祥(きんしょう)とは財宝を自ら手にした事を喜び、その恵みに感謝するという意味。本殿と同じく朱塗りの建築は運気上昇のパワーが感じられます。

金高椅神社

金祥稲荷神社の奥にある金高椅(こがねたかはし)神社には料理の神様が鎮座します。こちらに参拝すれば、料理の技術向上や、料理で身を立てての商売繁盛の御利益が授かる事ができるでしょう。全国に数多い神社の中でも、金運と食の神様を同時にお祀りする所はとても珍しく貴重です。

金色の御朱印

金神社では「Premium 金 Day」といって、毎月最終週の金曜日だけに授与される御朱印がブームに。全国でも珍しい金色の文字で書かれた御朱印です。

スポンサーリンク

御金神社(みかねじんじゃ)京都府京都市

御金神社のパワースポット

御金神社の主祭神は、カナヤマヒコ命です。カナヤマヒコ命は、鉱山の神さまです。鉱山、すなわち金属全般となり、やがて剣、鏡、刀、鋤(スキ)、鍬(クワ)、包丁などの鍛冶を守護する神さまとして、崇められるようになりました。また、金属加工業全般の守護や、金・銀などの鉱山からお金の神さまとして信仰を集めています。

金色の鈴緒

御金神社の金色の鈴緒

鈴緒(すずのお)までもが金色です。キレイになわれた金色の鈴緒は、金龍のようにも見えます。金運アップの期待が高まります。

イチョウの絵馬

御金神社のイチョウの絵馬

御金神社の絵馬は、ご神木のイチョウにちなんで、イチョウの葉っぱの形をしています。宝くじの当選、競輪競馬、一獲千金、商売繁盛などのお願いが書かれたものが多く見受けられます。宝くじの当選や、競馬の万馬券のお礼を書いた絵馬もあります。お詣りして、宝くじや万馬券のご利益があったということですね。

龍神さまが出現された大イチョウ

御金神社の龍神様の銀杏

ご神木のイチョウの枝に、龍神さまが出現されたと話題になりました。夏に行くと、葉っぱが生い茂っているので見えません。葉っぱが落ちた晩秋から冬にかけて行くのがおすすめです。写真では、よくわからないと思いますので、授与所の横に写真が貼られているので、それを紹介します。

こちらになります。

御金神社の龍神さま

男女一対の夫婦の龍神さまです。

手水舎で銭洗い

手水舎で銭洗い

手水舎に、いくつかザルが置かれています。ザルに、お金を入れて、手水舎の水盤の水を賭けて洗います。お札の場合は、端っこを少し濡らす程度で良いそうです。これで金運アップも間違いなさそうですね。

福財布とおたから小判

御金神社の福財布
金運アップの御金神社おたから小判
メディアでも多数紹介【お財布専用ふとん】

ぜひ授かりたいのが福財布とおたから小判です。福財布に、宝くじを入れるとよく当たると言われています。もちろんお札を入れておいても、金運アップのご利益があります。境内に落ちているイチョウの葉っぱを拾って、この福財布に入れておくと、もっともっと金運がアップします。福財布のご利益は、一年しか有効ではないそうです。

おたから小判を自分の財布に入れて置くだけでも金運アップしますが、福財布に入れておくと、最強に金運がアップします。しかし一年しか効果がないのが、厳しいですね。

金色の御朱印

ソース画像を表示

御朱印も金ピカです。御朱印を授かりに、1時間以上並ぶ時もあるそうです。さすが金運神社あるあるですね。

スポンサーリンク

車折神社(くるまざきじんじゃ)

車折神社のパワースポット

御祭神は、平安時代後期の儒学者である清原頼業(きよはらよりなり)公です。頼業公は、生前、太政官の官職の一つであった『大外記』の職を24年間任めた人物、そんな頼業公の菩提を弔うために建てられた廟(びょう)が車折神社の始まりであると云われています。昔から, 学問の向上 ・ 商売繁盛 ・ 売掛金回収に御利益があると云われています。

清めの社

清めの社 / 京都 ブログ ガイド
待ち受け画面にどうぞ

車折神社は『石』に対する信仰が厚いとのこと。御本殿で願い事をする前に、まずこちらを訪れ、悪い運気・因縁を払うとよいとされています。石に触れるとご利益がなくなってしまうと云われています。待ち受け画面にすると運気アップすると云われています。

感謝の習わし

車折神社 / 京都 ブログ ガイド

社務所でもらった小石に願いを込め, その石を家に持ち帰り, 願いが叶ったら, お礼の石を一個添えて神前に返納するという習わしがあります。小石に感謝の気持ちを書いて, 返納されています。

芸能神社

芸能神社 / 京都 ブログ ガイド
芸能神社 / 京都 ブログ ガイド

境内には, 芸能道の神様といわれる天宇受売命 ( あまのうずめのみこと ) をお祀りした 「 芸能神社 」 があり, 古来より, 芸能上達を祈願する人々に厚い崇敬を受けています。たくさんの芸能人の名前が有ります。

水神社

水神社 / 京都 ブログ ガイド

昔, 嵐山の大堰川が, 車折神社の辺りまで流れていた頃, 氾濫を鎮めるために水神様 ( 龍神様 ) に祈願していたことに由来する神社。龍神の神力が強大で, まさに, 「 昇龍 」 の如くに運気 ・ 才智が向上するご利益があると云われています。

滄海神社 ( 弁天神社)

滄海神社 / 京都 ブログ ガイド

弁才天はインド神話の神で, 仏教に取り入れられて, 諸天の一神とされ, 知恵 ・ 長寿 ・ 金運・美運の神様として信仰されました。美運・金運も叶えてくださるなんて、女性にとっては夢のようですね。

祈念神石まもり

ソース画像を表示
ロト・宝くじが怖いほど当たる秘密アイテム

祈念神石まもりは、神主さんがご祈祷された石が入っています。

ご利益を授かるための参拝手順があるので、しっかり確認して参拝して下さい。

  1. 手水舎で、手と口を清める。
  2. 本殿ではなく、まず『清めの社』を参拝する。※悪縁や悪因縁が浄化され、より強いご加護を得られるそう。
  3. 社務所にて、お守りを授与して頂く。
  4. 本殿を参拝する。お守りを両手で挟み、願い事を念じる。
  5. 芸能・芸術に関するお願い事をする場合は『芸能神社』参拝する。お守りを両手で挟み、願い事を念じる。

見事願いが叶った時には、お礼参りをお忘れない様に。

海、山、川、自宅・・などで石を1つ拾います。

その拾った石にお礼の言葉を書いて神社に納め、祈念神石も古札納所に納めます。

お願い事は3つまでがおすすめだそうです。一つでも叶った時点で、お守りとお礼の石を返納して下さいとのこと。

金持神社(かもちじんじゃ)鳥取県日野郡

金持神社のパワースポット

天之常立尊(あめのとこたちのみこと)、八束水臣津努命(やつかみずおみずぬのみこと)、淤美豆奴命(おみずぬのみこと)の3柱をご祭神として、国土経営・開運・国造りの神様を祀っています。

金持郷は、昔、黄金より勝ると言われた「玉鋼」の産地で、原料の真砂鉄が採れる谷を多く所有し、金具の文字で表されているように、鉄(てつ)のことを金(かね)と読んでいた事から、金の採れる谷を多く持つ郷「金持」と呼ばれるようになったと伝えられています。

拝殿

いつでも誰もが無料で自由に参拝に行くことができる神社です。周囲は木々に囲まれて静かな場所です。参拝に行く時には厳かな気持ち・清らかな心でしっかりと願えば、より大きなご利益・効果が頂けること間違いなしです。

金持礫岩

ソース画像を表示
待ち受け画面にどうぞ

持礫岩は金持地区に少量分布が認められ、今から約1億年前の中生代白亜紀にできたと考えられています。地質学的にまだ謎に満ちた貴重な岩石。待ち受け画面にすると金運アップすると云われています。

財布の供養

古くなった財布を感謝の気持ちを込めて供養をしてくれる「財布お祓い」が行われています。古くなった財布を「3ヶ月に一度の例祭」で供養していただき、金運招来・開運来福を祈祷された「金の素(かねのもと)」が手元に返ってくるのです。財布供養2000円

金の素

ソース画像を表示
お札の元

財布をお祓いしていただいたあと、金運招来・開運来福を祈祷された「金の素(かねのもと)」が手元に返ってきます。金の素を持っているだけで金運アップ

黄色いハンカチ

ソース画像を表示

この黄色いハンカチを買うためだけに参拝に訪れる方もいるほどの人気のハンカチです。黄色いハンカチは、宝くじを優しく運気が入るように包み、神棚や自分の頭より高い所に置いておくと、大きなご利益や効果が得られるという縁起物です。拝殿の隣で売っています。

宝来宝来神社(ほぎほぎじんじゃ)熊本県阿蘇郡

宝来宝来神社のパワースポット

この神社の由来は、重機の作業員が、どうしても掘り起こせないほどの大きな岩に突き当たったことから始まります。その岩を取り壊そうとしたところ、夢の中に岩が出てきて、「宝くじを買って当選金の一部で掘り起こして祀ってくれ」と告げられます。生活に困らないほどの宝くじに当選したその作業員が、お礼にこの神社を建て、その岩をお祀りするようになったのです。

巨大な岩が金運を呼ぶ(当銭岩)

待ち受け画面にどうぞ

宝来宝来神社は当銭神社とも呼ばれ、そのご神体が「当銭岩」です。 このご神体こそが、重機の運転手にお告げを伝えた岩なのです。この「当銭岩」を写真に収め枕の下にして寝ると、夢に岩が現れて、宝くじの買い時やLOTO6の当選番号を教えてくれると云われています。「当銭岩」を待ち受け画面にすると金運アップと云われています。

このビックリ現象は本当か?!奇跡の「夢を叶える場」!!

幸運が舞い込む数々の拝所

ソース画像を表示

「一粒万倍」というのをご存じですか。何事を始めるのにも最良の日で、宝くじ購入にも縁起のいい日といわれています。そんな一粒万倍を祈願する拝所があるので、幸運ゲットのために心を込めてお参りしましょう。

金運アップの縁起物

「龍神水」
「くじ猫大明神」

御宝物殿の前には「龍神水」が有り。この水で清めたお金で購入した宝くじが当選したと報告されているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。「くじ猫大明神」も安置されています。神社境内に住み着いていた猫の里親になった方が、事業で大成功をおさめ、そのお礼に奉納したものです。「くじ」は「九時」につながることから、前足は時計の九時を指し、耳は福耳、よい運気は笑顔からと、にこやかな表情です。お腹には金色に輝く「宝」の文字。くじ猫大明神に祈願すれば金運がどんどん舞い込んでくること間違いなし。

まとめ

  1. 金神社(こがねじんじゃ)お正月のみ昇殿参拝(しょうでんさんぱい)を行っています。昇殿参拝とは初穂料を納めて拝殿に上がり、ご神職による祝詞(のりと)の奏上で神様に祈祷する参拝法。新たな年に気持ちも新たにすれば、より大きな御利益を授かる事ができます。金色の大鳥居を待ち受け画面にすると金運upになるらしい。
  2. 御金神社(みかねじんじゃ)福財布を普段持ち歩かなくても、お金を福財布にしばらく入れてから、普段使うお財布に移す。福財布に入れていたお金で宝くじを買うなどでも、運気が上がります。
  3. 車折神社(くるまざきじんじゃ)この神社は金運だけではなく、芸能・学業・美容・長寿など様々な分野でご利益がある神社です。芸能神社では、有名人が多数お参りに来られています。『石』に対する信仰が厚いとされるこの神社の『清めの社』を待ち受け画面にすると運気アップになるらしい。
  4. 金持神社(かもちじんじゃ)この神社では、財布の供養が行われています。(郵送でも可能)財布供養には2000円かかりますが、「金の素(かねのもと)」が頂くことが出来ます。新しい財布に入れて置くと金運が上がると云われています。『金持礫岩(かもちれきいし)』を待ち受け画面にすると運気アップになるらしい。
  5. 宝来宝来神社(ほぎほぎじんじゃ)この神社は金運だけではなく、縁結び・子宝・縁切りなどの神様も祀られています。やはり金運が有名でお守りやグッズも多数そろっています。少し怪しい感じもしますが、参拝する人が多い所を見るとご利益があるのでしょう。中でも『当銭岩』を待ち受け画面にすると金運が最強アップすると云われています。

どの神社も日本有数のパワースポットになっています。

是非とも実際に行ってパワーを頂きたいですね。

(東日本編はこちら)

参加してます。応援クリック&タップよかったらお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました